須賀川市で交通事故、スポーツ外傷・障害の治療ならここ

須賀川市で接骨院なら沼田接骨院

超音波治療とは

 

音波とは人間の耳では聞こえない高い周波数20kHz以上で振動する音波と定義されています。超音波の機械的振動を人体に照射し、治療効果を加えるのが超音波療法です。

 

1秒間に100~300万回の振動によるミクロマッサージ効果を発揮します。また、超短波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生。超音波が発生している範囲を立体的に温めることが可能です。

 

また、超音波療法で注目されているのが、骨折後の骨に対して超音波を照射して骨癒合を促進させる治療法です。松井秀喜選手なども骨折の治療に超音波療法を行ったことで有名になりました。

 

微弱な超音波を1日1回20分骨折部に照射することで骨癒合を促進する治療法です。治療効果は複数の臨床試験で証明されており、治療期間を40%短縮するとの報告もあります。

 

適応・効果

  1. 骨折部位の骨癒合促進
  2. 疼痛緩和
  3. 筋スパズムの軽減
  4. 炎症の治癒促進
  5. 創傷の治癒促進
  6. 瘢痕組織の柔軟性改善
  7. 関節拘縮の改善
  8. 浮腫の軽減

 

温熱効果

超音波の連続モードでは、組織温の上昇により、組織の伸展性を高め、血流を改善して循環不全による疼痛を緩和させる効果があります。
温熱効果

 

非温熱効果

パルスモードでは、機械的な微細振動により、細胞膜での透過性や活性度を改善することにより、炎症の治癒・細胞の活性化を促進します。

 

非温熱効果

 

投稿日:

Copyright© 須賀川市で接骨院なら沼田接骨院 , 2019 All Rights Reserved.